aikoブログ

働く主婦です。生活、読書などを書いています。

50代からの投資 つみたてNISAとiDeCoを考える

投資をしている人のイラスト

 

こんにちは。

aikoです。

 

 

皆様 貯蓄は

どうしていらっしゃいますか?

 

50代になったら

[ 老後2千万問題 ] のように

老後資金が か〜なり

気になるところです(汗)

 

そこで今日は50代からの貯蓄

つみたてNISAやiDeCについて

考えてみようと思います。

 

 

銀行の定期預金

 

大手銀行や地方銀行の

定期預金の金利は

0.002%と

超〜低金利!

 

100万円預けても

1年で受け取れる利息は

たった20円!!

 

昔と違って

銀行にお金を預けておいても

ほとんど増えません・・・

 

時間外手数料とか取られたら

むしろマイナス・・(泣)

 

そこで投資で資産を

増やしたい!!

でもマイナスになったら嫌だし

投資ってなんか怖い・・・

 

と言うことで

税金等が優遇されている制度を

見ていきたいと思います。

 

つみたてNISAとは

 

つみたてNISAとは

少額のお金を長期間

積み立て投資する場合は

利益に対して課税されない制度です。

 

条件等は

  • 日本在住で20歳以上
  • 40万円が上限
  • 国が定めた基準を満たした投資信託
  • 配当金、分配金、売却益が非課税
  • 最長20年

月額33,333円が

最大金額になります。

 

一般NISAとは

 

一般NISAとは

一般NISA口座を利用した

取引の場合は利益に対して

課税されない制度です。

 

条件等は

  • 日本在住で20歳以上
  • 年間120万円が上限
  • 国内株式、外国株式、投資信託
  • 配当金、分配金、売却益が非課税
  • 最長5年

つみたてNISAと一般NISAは

同時には利用できません。

 

iDeCoについて

 

iDeCo(個人型確定拠出年金)とは

自分で作る年金制度です。

 

毎月一定の金額を積み立て

あらかじめ用意された

金融商品を自ら運用し

60歳以降に年金または

一時金として受け取る制度です。

 

60歳まで引き出せません。

 

iDeCoの税制メリットは

  • 所得控除の対象で所得税、住民税が節税できる
  • 運用で得た利益や利息が非課税
  • 受取時、公的年金等控除、退職所得控除の対象

 

私の場合

 

私は2年前から

つみたてNISAを利用しています。

 

投資している商品は

eMAXIS Slim 全世界株式

(オールカントリー)です。

 

この商品にしたのは

[ 卵は1つのカゴに盛るな ]

と言われるように

1つに集中すると

リスクが大きくなるので

全世界にすれば、かなりの

リスク分散になると思ったからです。

 

iDeCoは悩んだのですが

50代では期間が短いかなと思い

まだ始めていません。

 

今はフルタイムで働いていますが

仕事をやめて専業主婦になったりしたら

税制メリットを受けられないですし・・・

 

しかし2022年5月から

65歳まで積み立て可能になるとの事!

 

専業主婦になったとしても

強制的に貯金していると思えば

良いのかな〜

と 前向きに検討しようかと

思っています。