aikoブログ

働く主婦です。生活、読書などを書いています。

シミ治療 レーザーやフォトフェイシャルをやってみての私の結論

目元パックをしている女性のイラスト(美容)

アラフォーくらいになると

顔の粗が気になってくる。

 

私は10年くらい前

シミが気になって仕方がなかった。

シミさえなければ

何とかなるんじゃないか、と。

 

そして色々やってみたのだが

今回はレーザーとフォトフェイシャルについて

書いてみようかと思う。

 

 

 

 1.レーザー治療

 

病院にもよると思うが、私が行ったクリニックは

1cm角でいくら、といった感じだった。

痛みは多少あるが、全然耐えられる痛みだった。

しばらくするとかさぶたになって

それが剥がれて徐々に薄くなっていく

という感じだった。

かさぶたが剥がれるまでは保湿が大事なので

ワセリンを塗って絆創膏をするよう指示される。

 

顔に絆創膏、というのは

どうしても目立つ。

やっぱり聞かれるよね・・・

「顔、どうしたんですか?」

って・・・

 

結果は薄くなったが

また戻ってしまう部分もあった。

 

 

2.フォトフェイシャル

 

色々やってみたが

フォトフェイシャルが一番効果が

あった気がする。

 

数種類の光を先生が使い分けて

照射する、との事だった。

痛みは全然耐えられる。

 

レーザーと違って照射してすぐ

メイクも可能。

 

効果は実感出来たが

値段が高い・・

数回で20万円位したと思う。

 

 

3.私の結論

 

その1

レーザーやフォトフェイシャルは効果があるが

効果を維持させるには治療の継続が必要になり

費用がかかる。

 

その2

シミが薄くなってくると

今度は目の下のたるみ、ほうれい線など

他が気になって仕方がなくなる。

 

その3

自分では効果が実感できても

家族、友人、同僚の誰一人からも

「シミ、薄くなったね」とか

「肌、きれいになったね」とか

言われなかった。

 

結局、私の顔など

誰も見ていない

と悟ったのであった。