aikoブログ

働く主婦です。生活、読書などを書いています。

上咽頭炎の治療 Bスポット療法とは

こんにちは。

aikoです。

皆様、のどの調子はいかがですか?

何か引っかかる感じがする、頻繁に咳払いをする

などの症状がある方、上咽頭炎かもしれませんよ。

 

上咽頭炎とは

咽頭は上咽頭、中咽頭、下咽頭の3つにわかれ

鼻の穴が合流する上咽頭が炎症を起こすことを

上咽頭炎といいます。

 

上咽頭炎になる原因

  • ウィルスや細菌の感染
  • アレルギー性鼻炎
  • 疲労やストレス
  • 寒暖差

などがあります。

 

上咽頭炎の症状

  • のどの痛み、違和感
  • 鼻の違和感
  • 後鼻漏
  • 痰がからむ
  • 咳払い
  • 頭痛
  • 肩こり、首のこり

などです。ひどくなるとIgej腎症やうつなど

全身に様々な症状が出ます。

怖いですね。

 

上咽頭炎の治療方法

  • 鼻うがい
  • Bスポット療法
  • 手術治療

などです。

 

Bスポット療法(EAT)とは

東京医科歯科大学の元教授の故堀田申作先生が考案された療法で

0.5〜1%の塩化亜鉛を付着させた綿棒を

鼻や口から上咽頭に塗布、擦過する消炎治療です。

 

Bスポット療法をうけた

数年前、副鼻腔炎の治療をうけるつもりで耳鼻科に行ったのですが

「のども何か引っかる感じがある、しょっちゅう咳払いをしたい」

と先生にお話したところ

どれどれと鼻から内視鏡を入れて

「あ〜、上咽頭炎だね」

と、上咽頭に炎症が起きている事を説明されました。

そして何の説明もなく、鼻から綿棒を入れられました。

  

!!! 痛い! むっちゃ痛い!!! むっちゃしみる!!!

 

1分位 涙目でひたすら耐える・・・

そして今度は口から綿棒を入れて

喉の奥をグリグリこする・・・

 

「ね、血がついてるでしょ?」と先生。

炎症があると出血します。

 

治療後、看護師さんに

鼻うがいについての紙を渡されて説明されたのですが

痛みがひどくてあまり耳に入ってきません・・・

 

待合室で会計を待つ間

先程渡された紙をぼーっと見ていると

鼻うがいの説明の裏に

Bスポット療法の説明が書いてありました・・・

「 痛いが良く効く 」と・・・

 

のどはもちろん、耳や頭まで痛くなり

買い物は諦めて家に帰り、4時間位寝てました。

寝たところで痛みが無くなるわけではないのですが

痛くて思考能力が0になり何も出来ないんです・・・

 

最初は週1回位で治療を受けました。

2回めは2時間位、3回目は30分位と

回数を重ねるごとに

ダウンして寝る時間が少なくなっていきました。

炎症が治まってくる出血もなく、

痛みもあまり感じなくなっていきます。

 

現在の私の耳鼻科事情

アレルギー性鼻炎もあるため

今も月1回は耳鼻科で治療を受けています。

Bスポット療法も受けますが

少し痛いこともある程度です。

 

耳鼻科で推奨された鼻うがいは

毎日 朝晩 行っています。

子供の頃からずっと鼻が悪かったのですが

かなり解消されています。

 

 上咽頭炎かも、と思う方

ぜひ!Bスポット療法を受けて

痛みを共有しましょう!!!